通学や通信が合格への近道|社会保険労務士の講座もある|資格取得で夢叶う
メンズ

社会保険労務士の講座もある|資格取得で夢叶う

このエントリーをはてなブックマークに追加

通学や通信が合格への近道

勉強

合格率の算出方法が異なる

日商簿記1級の合格基準の決め方は3級や2級とは大きく異なっています。3級や2級は既定の点数に達することができれば合格です。もともと決められた配点に沿って採点が行われ、基準以上であれば、合格になるのです。したがって全員が合格する合格率100%も極端な話可能になるのです。しかし日商簿記1級は合格率は常に10%です。相対評価により上位10%の人しか合格できない仕組みなっているのです。独学で合格を勝ち取ることができない訳ではありませんが、遠回りになる可能性が極めて高くなります。そのため、多少の費用をかけてでも通学や通信などの講座を取り入れるほうが無難な試験です。実務で行っている場合や再試験の場合などは独学でも十分なこともあります。

時には3級や2級を参考に

日商簿記1級の出題範囲は広いため、独学を行うためのテキストを揃えるだけで数万円かかることになります。より必要な教材をセットにした通信教育や通学を利用したほうがテキストの一貫性もあるため、最終的にコストを安くすることにつながる可能性があります。最近の日商簿記1級試験では理論問題が数多く出題されます。3級や2級を暗記で頼ってきた人にとっては非常に難しく感じる問題です。しかし内容は少しひねって考えれば解党にたどり着けるものです。そのため、急がば回れの精神で3級や2級のテキストに戻る事も重要なのです。独学で行う際にも3級や2級のテキストを常に手元に置いておくくらいであるのがちょうどいいのです。学習に必要な時間はストレートで500時間程度です。半年や一年程度の学習が必要になってきます。