就職に有利な簿記資格|社会保険労務士の講座もある|資格取得で夢叶う
メンズ

社会保険労務士の講座もある|資格取得で夢叶う

このエントリーをはてなブックマークに追加

就職に有利な簿記資格

文房具

簿記資格の種類

簿記資格は、日本商工会議所が行っている民間資格です。民間資格といっても商業活動をする上で重要な簿記の知識を習得するため人気があり、また定番の資格として知られます。簿記資格の種類の種類は4級から1級まであり、特に日商簿記1級は公認会計士や税理士などの国家資格の登竜門とされます。これは日商簿記1級に合格することで税理士試験への受験資格が得られるためです。一方で、2級は、企業の財務担当者として必要な高校程度の商業簿記や工業簿記の知識を身につけることができ、経営管理に役立ちますし、3級では企業活動する上での必須の簿記の基礎知識が身につきます。4級は入門レベルですが、個人事業主として事業を行っていく上で有利な複式簿記の仕組みを理解する程度の知識を得ることができます。

今後の需要は

実践的に使える簿記資格としては、2級以上とされますが、試験そのものは4級でもハードルが高いものちえます。4級は受験者数が少ないものの合格率は40%を前後していますし、受験者がもっとも多い3級でも合格率は40%前後になります。2級に至っては30%前後ですし日商簿記1級ともなると合格率は10%前後と狭き門となります。3級は企業で働く上での簿記の基礎知識を得るために働きながら取得する人も多くいますが、2級や1級の場合には在学中に取得を目指すのが一般的です。2級の場合には商業高校程度の簿記を学ぶことができますし、日商簿記1級は公認会計士や税理士への国家資格の登竜門という性質から大学で専門的に学ぶ知識を得ることができます。また、大学や専門学校に通っておらず、既に社会に出て働いている人であっても、通信教育を利用することによって簿記試験の対策を行なうことが可能です。